休館日

毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館)、年末年始(12月28日から1月4日まで)



開館時間

森のルール

森の観察路

森の中、森の周辺には観察路が整備されています。
「トンボの湿地ルート」は全長2.3km、ネイチャーセンターからトンボの湿地までを歩きます。
「ムササビの森ルート」は全長1.8km、シダの谷、ヨシの湿地を回るルートです。
「寺部池ルート」は全長2.1km、ネイチャーセンターの南にある寺部池を回ります。
「外周ルート」は全長4.7km、森の外周を、上池から寺部池まで大きく回ります。
森内の観察路地図 ※画像をクリックすると大きくなります。
※森の観察路は傾斜や階段が多いため、ベビーカーや車椅子は通行できませんので、ご注意ください。
 トイレの位置は事前によくご確認ください。
※各ルートはトレーニングのためのコースではありませんので、走ったり、ストックを使用してのトレイルラン等はご遠慮ください。
※一部通行止めの区間があります。都度、ネイチャーセンターでご確認ください。
※矢並湿地の観察を希望される方は、事前に電話等でご確認ください(秋の一般公開、観察会以外では矢並湿地に入ることはできません)。

交通アクセス

公共交通機関でお越しの場合

名鉄 豊田市駅愛知環状鉄道 新豊田駅で下車し、バスをご利用ください。

 バスは名鉄 豊田市駅東口バス乗り場からご利用ください。9時17分発、10時17分発(土休日は10時47分)、12時17分発(土休日は12時47分)、14時23分発(土休日は東山5丁目まで運行)、15時23分発、16時23分発の「おいでんバス」豊田・渋谷線 市木・双美団地行は自然観察の森バス停まで運行します。

 おいでんバス 豊田・渋谷線(豊田市〜東山5丁目往復)は、同乗り場から1時間に1〜2本運行しています。東山町5丁目バス停から、徒歩10分ほどで自然観察の森へお越しいただけます(途中にコンビニあり)。朝と夕方以外は本数が減りますのでご注意ください。

 豊田市駅から自然観察の森バス停までの所要時間は約20分、東山町5丁目バス停までの所要時間は約10分です。料金はどちらも片道200円です。

おいでんバスの時刻表はこちらをご覧ください。みちナビとよた

また、名鉄バス東山住宅線 東山住宅、名鉄バス矢並線 双美団地口からも徒歩15分ほどでお越しになれます。

公共交通機関でのアクセス

自家用車でお越しの場合

東海環状自動車道の豊田勘八ICと豊田松平ICの中ほど、鞍ヶ池公園の南西、市道平戸橋水源線(外環状道路)の東側に位置します。

外環状道路には中央分離帯があるため、南側からは入れません。
南側から来られる場合は、一度通り過ぎてから方向転換をする必要があります。
ただし外環状の交差点はUターン禁止となっていますので、一度脇道にそれてからの方向転換をお願いいたします。
また、入口が急な下り坂の途中にあります。早めにウインカーを出し、十分に減速してお入りください。

駐車場は普通車約50台分がご利用いただけます。(無料)
定員のないイベントや団体が重なると満車になり、ご利用いただけない場合があります。混雑が予想される場合には早めにご来場いただくか、公共交通機関をご利用ください。
また、駐車場は閉館と同時に閉鎖しますので、お気をつけください。
自然観察の森周辺の地図
交通案内のPDFファイルはこちら交通案内


より大きな地図で 豊田市自然観察の森周辺 を表示

注意が必要な生き物