施設概要

自然観察の森は、身近な自然を都市近郊に確保し、市民が気軽に自然に親しみながら自然のしくみや機能を学び、自然保護について考える場とする目的で、環境省の指導と補助により全国に10か所設置された施設です。
豊田市自然観察の森もその1つで(昭和61年9月に8番目の施設として計画内定)、平成2年6月に開設されました。

豊田市の中心市街地の東方約4kmに位置し、標高70〜140m、面積28.8ha(周辺地域は124.5ha)。鞍ケ池公園から続く緑地帯の中にあります。中心施設であるネイチャーセンターの他、自然散策道や休憩舎、探鳥用ブラインド等の施設が整えられています。ネイチャーセンターでは自然に関する展示や自然観察のアドバイスや観察コースの案内などを行っています。またガイドウォークや動物・昆虫・植物などの観察会、団体対応なども行っています。

豊田市自然観察の森開設から20年目となる2010年には、新しいネイチャーセンターが完成しました。
周辺地域124.5haを中心として、「サシバのすめる森づくり」を環境保全の目標としています。

位置
〒471-0014
愛知県豊田市東山町4丁目1206番地1
東経137度12分、北緯35度5分
鉄骨造
2階建 延床面積 1,322.45m²
外観
外壁:ガルバリウム鋼板
屋根:屋上デッキ、2階は屋上緑化
付帯施設
駐車場47台(身障者専用スペースあり)、屋外トイレ、学習広場、水盤
※バイクや自転車は駐輪場へお願いします。
エントランス 187.12m² 利用者を迎え入れます。入ってすぐ左に受付、右にはエレベーターがあります。
事務室・ボランティアルーム 82.40m² 受付、施設スタッフの事務、市民ボランティアの活動に使用します。
研修室 125.25m² 講習や会議、映像の視聴などを行えます。108名の収容が可能です
研修兼企画展示コーナー 65.85m² オリエンテーションや企画展示、または休憩場所として使用します。
ユーティリティルーム 118.79m² 利用者の飲食、休憩場所として使用します。
応接室 11.29m² 打ち合わせ、講師の応接、控え室などに使用します。
展示コーナー 338.71m² 生き物や自然に関する展示を行います。
工作室 67.23m² 木工などを行うイベントや、活動に利用します。24名の収容が可能です。
その他 325.81m²
合計 1,322.45m²
※ネイチャーセンターには大きなガラス面が多く、走ると大変危険です!

受 付

ガイドマップや「自然観どころ情報」の配布、行事申込団体利用、「友の会」入会の受付等をしています。

初めての方はガイドマップをお受け取りください。森の中へは受付の前を通り、左手奥の黒い扉から出発してください。また、2階からも木道回廊を通って森へ行くことができます。

ショートプログラム、「自然クイズラリー」「生き物ビンゴ」等のワークシートや用具を貸し出しています。「観察の仕方がわからない」「親子で楽しみたい」といった場合にご活用ください。
双眼鏡や虫めがね、鳥のハンディ図鑑、植物のポケット図鑑等の貸し出しもありますので、ご希望の方は受付でお申し出ください。

その他、施設利用や自然観察に関する相談・質問等、お気軽にお声かけください。

※入園、入館は無料です。入園者名簿の記入等も不要です。
※館内専用車椅子を1台用意しています。必要な方はお声かけください。


2階屋上 青空デッキ

人工の土を敷き、植物を植えない状態からの緑化を行っています。


屋上から東側(森側)の眺め

屋上から西側(市内側)の眺め

2階屋上 太陽光発電システム

最大発電電力は約4.8kW、ネイチャーセンターで使用する電気の一部をまかないます。

2階 展示コーナー

5つのラボで構成され、自然や生き物を学ぶことができます。はく製や写真などを展示しています。

野鳥のぬり絵やパズルのコーナー等もありますので、小さい子どもさんでも楽しめます。

2階 工作室

木工などを行うイベントや、活動に利用します。24名の収容が可能です。

中2階 出発デッキ

テーブルセットが3つあり食事ができます。休憩にもどうぞ。


1階 研修室

講習や会議、映像の視聴などを行えます。座席は階段状に設置され、最大108名の収容が可能です。

1階 ユーティリティルーム

利用者がくつろげるスペースです。昼食や休憩場所としてもご利用になれます。

「沿革」はこちら===>