日々のトピックス

過去のトピックスを見る
ちゅんちゅんちゅん 2017年05月30日
スズメの成長と幼鳥
スズメがきょろきょろしながら必死にエサとなる昆虫などを探しています。頭上のヤマザクラの枝では3羽の幼鳥が待っています。何度か給餌された後、幼鳥も地面に降りて何かを探すしぐさをしはじめました。ひとりだちまでの短い間にたくさんの生き残るすべを学ばなければいけません。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ネイチャーセンターつどいの広場
ちっちゃなからだででっかい旅立ち 2017年05月28日
アズマヒキガエル 幼体
「待って!」先を行くレンジャーを呼びとめます。足元に無数にうごめく小さな黒点は、おたまじゃくしに四肢が生えて上陸したばかりのアズマヒキガエル。危うく踏むところでした。数年で15cmをこえるまで成長する個体もいますが、今は小指の爪ほどしかありません。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:シダの交差点からヒキガエルの交差点
新世界 2017年05月27日
シロスジカミキリ
アラカシの幹に空いた穴。のぞいてみると中からもこちらをのぞいている顔がありました。シロスジカミキリの新成虫です。樹から外に出るため、大きなアゴで幹を削っている最中のようです。卵から成虫になるまで樹の中で過ごしたカミキリが生まれて初めて見る外の世界はどのように見えているのでしょうか?
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ヤブムラサキの交差点からオオルリの交差点
星型の白い花 2017年05月26日
テイカカズラ
ネイチャーセンターを出てすぐのつどいの広場ではテイカカズラの花が咲いています。木の枝から垂れ下がっている様子は、まるで白い流れ星が降ってきているようにも見えます。
甘い香りも漂わせているので、見るだけでなく香りも楽しむことができます。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:つどいの広場
かわいい迷子のお客さま 2017年05月25日
ヒメネズミ
研修室の物陰で震えていたのはヒメネズミ。500円玉より少し大きいくらいの、森林にすむネズミの仲間です。樹上でも活動するので、換気孔などから迷い込んでしまったのかもしれません。水や種実類などをごちそうするともりもり食べました。天気が回復したら森にはなそうと思います。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:ネイチャーセンター
過去のトピックスを見る

季節ごとの生き物

各月の前半、後半によく見られる生き物を表示します。
1月前半 1月後半
2月前半 2月後半
3月前半 3月後半
4月前半 4月後半
5月前半 5月後半
6月前半 6月後半
7月前半 7月後半
8月前半 8月後半
9月前半 9月後半
10月前半 10月後半
11月前半 11月後半
12月前半 12月後半

森の生き物一覧

この森で記録された生き物が、いつ、どこで見られたのかを参照できます。
※表示にはJavascript及びCSS2.0を使用しています。また、ブラウザの種類などの条件により、表示に時間がかかる場合があります。

森の生き物一覧を表示
・簡易版 野鳥リスト
(種名や分類は平成17年発行の「豊田市自然環境基礎調査」などに基づいています。)

各月の自然情報マップ

「自然観どころ情報」は1ヶ月ごとに自然観察の森の見どころを紹介したもので、森を散策する場合に便利なものです。ぜひご活用ください(PDFファイル)。

動画ギャラリー

この森で撮影した生き物の動画(Flash動画等)です。
※ブラウザの種類やバージョンによってはうまく表示されない場合もあります。


カブトムシの羽化