日々のトピックス

過去のトピックスを見る
雨宿り 2017年11月18日
ヤマトシジミとアブの仲間
雨の森の中、昆虫たちはそれぞれの場所で雨宿りをしていました。ヤマトシジミはハネを閉じて植物にぶら下がり、アブの仲間は葉っぱの間に入り込んで雨をしのいでいました。明日は晴れるようなのでどちらも蜜を吸いに行けそうです。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ヤマトシジミ:上池 アブの仲間:マツボックリの交差点
つきる命 2017年11月17日
ノウサギ
開館前のセンターにノウサギがいました。通常、姿を現すことはまれですが、ひどく弱って動けないようです。様子をうかがうと人の気配に気づいて近くの草むらに入りましたが、しばらくすると絶命していました。外傷はなくやせ気味で、病気か事故か死因は分かりませんが、自然の厳しさを目の当たりにした思いです。
文:小池 撮影:川島
撮影場所:ネイチャーセンター
透き通る黄色い葉 2017年11月16日
アオハダ
観察路沿いにあるアオハダが黄色に黄葉し、赤い実をつけています。頭上から眺めてみると日の光に照らされた葉は澄んでいて、青空とのコントラストもまた上品で美しいです。秋の森の中では赤や橙色に色づく紅葉だけでなく、黄色になる樹種も見られるので観察してみてください。
文:田島 撮影:田島
撮影場所:モロコの交差点からダルマガエルの交差点
動けなくなっていました 2017年11月14日
ユミアシゴミムシダマシ
コンクリートの上でユミアシゴミムシダマシという甲虫を見つけました。枯れ木の樹皮の間などで成虫越冬をするのですが、移動中に寒さで動けなくなってしまったようです。顔を少しだけ動かしてコンクリートについた雨水をすすっているようでした。無事に越冬場所まで行けるように祈っています。
文:山下 撮影:山下
撮影場所:ネイチャーセンター
秋の花の戦略 2017年11月12日
ヤツデ
今の時期、花粉を運ぶ昆虫は少ないですが、花を咲かせて蜜を出す植物も少なく、わずかな種類の花が昆虫たちを独占します。木洩れ日のなか、満開のヤツデにはひっきりなしにハエやアブの仲間が来ていました。それを狙ったコハナグモもいましたが、このハエは少し大きすぎたようで、動かずじっとしていました。
文:小池 撮影:小池
撮影場所:セミの交差点からヒメタイコウチの交差点
過去のトピックスを見る

季節ごとの生き物

各月の前半、後半によく見られる生き物を表示します。
1月前半 1月後半
2月前半 2月後半
3月前半 3月後半
4月前半 4月後半
5月前半 5月後半
6月前半 6月後半
7月前半 7月後半
8月前半 8月後半
9月前半 9月後半
10月前半 10月後半
11月前半 11月後半
12月前半 12月後半

森の生き物一覧

この森で記録された生き物が、いつ、どこで見られたのかを参照できます。
※表示にはJavascript及びCSS2.0を使用しています。また、ブラウザの種類などの条件により、表示に時間がかかる場合があります。

森の生き物一覧を表示
・簡易版 野鳥リスト
(種名や分類は平成17年発行の「豊田市自然環境基礎調査」などに基づいています。)

各月の自然情報マップ

「自然観どころ情報」は1ヶ月ごとに自然観察の森の見どころを紹介したもので、森を散策する場合に便利なものです。ぜひご活用ください(PDFファイル)。

動画ギャラリー

この森で撮影した生き物の動画(Flash動画等)です。
※ブラウザの種類やバージョンによってはうまく表示されない場合もあります。


カブトムシの羽化