独身女性が自分で自分を幸せにするには

独身だけど幸せになってやる!という考え方は、恐らく自分を不幸にします。

幸せにならなければいけない!という気持ちは、返って自分自身を追い詰め苦しめるでしょう。

「独身は無理して幸せになる必要はない」と言った人がいました。一瞬救われるような気持ちになりましたが、では何のために生きてるのでしょうか。人は幸せになるために生きてると言いますが、無理して幸せになる必要がないなら、私たちはどうやって生きていけばいいのでしょうか。

幸せの形は人それぞれです。自分だけの幸せの形を探しましょう。
お金の心配があるなら経済的自立を目指すのも良いでしょう。経済格差が広がってると言われていますが、今の時代はお金を稼ぐ方法がいくらでもあります。努力は必要ですが、頑張る価値はあると思います。

無理して趣味や推しを作る必要はありません。のんびり思うままに、時には流れに身を任せて生きてみてください。自分の人生に期待するのを辞めれば、生きるのがラクになるでしょう。開き直るのもおすすめです。人生が変わります。(経験上)

何をしていいかわからない。どう生きたらいいかわからないという独身女性は、お金を稼ぐことに注力してみるのがおすすめです。お金があれば、もし何かやりたいことが見つかった時、それは大いに役立ちますし、貯金は心の余裕を生みます。投資に回せるお金も作れたらなお良いでしょう

個人的には、数年以内の旅行や買い物、急な出費などにそなえた貯金を貯めることができたら、それ以外は投資に回しても良いと考えています。独身女性は将来に対する不安がかなりあると思いますが、だからといって銀行にお金を貯め続けていくのはあまりメリットがありません。数年以内の旅行や買い物、急な出費のお金は貯金として貯め、10年後それ以上のお金に関しては投資で増やしていくのがいいと思ってます。ただしこれはあくまで私個人の考えなのと、投資は絶対ではないので損をする可能性もあります。それを十分加味し、自身の責任で行ってください。

貯金の具体的な金額は個人差があるので何とも言えません。自分に必要な金額を計算してみるのがいいです。私はだいたい500~1000万くらい手元にあればいいと思ってますが、1000万というのは意外とあっという間になくなってしまう金額だと思っています。世間では1000万が貯金のターニングポイントのように語られていますが、微妙です。

また貯金命でお金を使えず、何も経験しないまま、自分に投資しないまま年をとっていくのもどうかと思います。お金を使っていろいろなことを経験するというのは、人生においてとても大切なことだと思っています。せっかく生きてるのですから、できる範囲で自分にお金を使い、興味のあることを学ぶというのはやってみてもいいと思います。ですがそれも先立つものがってこそなので、そういう意味でも独身女性が経済的自立するのは良いことだと考えています。

それでもお金を稼ぐというのは大変なことです。なので、自分にできる範囲でできることをやる…という方法もあります。お金を使わなくても学べることはたくさんあります。例えば街の図書館に行けば、本を無料で借りて読むことができます。読書というのは素晴らしい投資です。「読書は投資ではなく当たり前の行為」と言われたことがありますが、読書によって得たものが自分に返してくれるものは計り知れません。自分に足りないものを読書で学ぶ行為は立派な投資だと思います。

なのでお金がないもしくはかけられない場合は、例えば髪を綺麗にしてみたり、ネイルをしてみたりなど、それほどお金がなくてもできることは多くあります。ネイルは100均で売ってるものでもいいのです。手元は視界に入るので、綺麗なネイルをしていればテンションが上がります。仕事上できない場合はお休みの日など、できる時にやってみると良いでしょう。ジェルでなく普通のネイルであれば、除光液で簡単に落とすことができます。

何をしたらいいかわからない、どう生きていいかわからない独身女性は、経済的自立を目指しつつ、自分を磨いてみるのがおすすめです。自分の力で生きていくことができ、自分を好きになることができれば、人生は少しずつ楽しくなっていくでしょう。

さまざまな事情で経済的自立が難しい場合は、今の自分でできる範囲で頑張り、好きな自分になれるように努力すると良いでしょう。お金がなくても自分磨きは可能ですし、綺麗になることはできます。安くても良いスキンケアやコスメはたくさんあるので、探してみるのも楽しいでしょう。

あとは可能な限り良い思い出をたくさん作ることです。お金や物質的豊かさはあの世に持っていくことはできません。持っていけるのは思い出だけです。1人でもいいのであなたの周りにいてあなたとつながっていてくれる人がいるならば、その人を大切にしてください。そして良い思い出をたくさんつくってみてください。

姉妹サイト

タイトルとURLをコピーしました